2011年04月26日

「団交はもうしない。労働委員会に行くなら行ったらいい」(2009/12/21)

愛知地域労働組合きずな書記長を名乗る大竹信彦さんの、この暴言を受けて、ユニオン「支え」は愛知県労働委員会に、愛知地域労働組合きずな不当労働行為救済命令の申し立てをしました。

IMG_3082.JPG

IMG_3081.JPG

<申し立て代理人弁護士弁護団>
 高木輝雄弁護士(日本労働弁護団副団長、東海労働弁護団団長、きずな裁判弁護団)
 中谷雄二弁護士(イラク派兵違憲訴訟弁護団、きずな裁判弁護団)
 森 弘典弁護士(貧困ネットワーク)
 塚田聡子弁護士
 仲松大樹弁護士

「団交はもうしない。労働委員会に行くなら行ったらいい。」
 再三の警告を無視して団交拒否を続け、労働組合専従者とは思えない暴言をはく人物を専従者に据え置き続ける「愛知地域労働組合きずな」

 相次ぐ争議に、この地域労組には、解雇事件を起こして裁判に訴えられ、大敗北をきした反省のかけらもみられないようです。

 ユニオン「支え」は、きずな職員合田さんへの不利益扱いについて、「愛知地域労働組合きずな」と5回の団交を重ねていましたが、「きずな」は突如理由も言わず団交を拒否、労働委員会あっせんでは、参加人数を5名以下にしろ、などと初めて聞くような条件づけをし、不誠実な態度に終始、あっせんを不調に終わらせました。
 その後も、ユニオン「支え」は「きずな」に団交申入れをしましたが、その回答書には、「あっせん案」などは提示されていないのに、参加人数5名以下という条件を、「あっせん案として、あっせん委員が呈示したもの」という大ウソを記述するなど、「愛知地域労働組合きずな」は労働委員会をも冒涜しています。



続きを読む
posted by 支える会 at 18:44 | Comment(5) | TrackBack(0) | 愛知地域労組きずなニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。