2012年02月18日

あまりに不誠実、愛知地域労働組合きずな三役はうそ発言をやめよ!

2012/1/24 対「愛知地域労働組合きずな」団交報告

きずな側出席者・・三役(石川悟)執行委員長、(加藤健二)副執行委員長、(大竹信彦)書記長
非常識な交渉態度。自分達の団交発言を次々に撤回!
それを黙認する「きずな」(代理人?)樽井直樹弁護士(東海労働弁護団事務局長)

「きずな」は団体交渉に誠実に臨むよう要求します。

 大阪市立大学西谷敏教授はその著書のひとつで、「使用者は自己の主張を相手方が理解し、納得することを目指して、誠意をもって団体交渉に当たらなければならない」と誠実交渉義務の具体的内容を記しています。

 団体交渉で、うそや発言撤回を繰り返すことは、相手方であるユニオン「支え」の理解や納得を得られないばかりか、団体交渉の誠実交渉義務に違反するものです。

「愛知地域労働組合きずなよ、それでも労働組合か!」という声が当ブログにも寄せられています。
 

愛知地域労働組合きずな三役の不誠実発言↓ 続きを読む
posted by 支える会 at 20:05 | Comment(5) | TrackBack(0) | 愛知地域労組きずなニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。