2012年06月19日

団体交渉中二回の中断、空転させた「愛知地域労働組合きずな」の責任を問う!

「合田さんを支える会」とユニオン「支え」は、「愛知地域労働組合きずな」が、その理念に立ち返り、正常な労働組合に復帰することを希求し、きずな幹部からパワハラ・セクハラ・嫌がらせを受けながら働く、きずな職員合田さんの労働環境を改善するために、「愛知地域労働組合きずな」と団体交渉を行っています。

2012年6月1日の団体交渉では、きずなは二回も交渉を中断させ、空転させました。

IMG_4248.jpg

2012年6月1日の団体交渉報告。
きずな側出席者・・・加藤健二副執行委員長、大竹信彦書記長、代理人(?)弁護士樽井直樹氏。

 ユニオン「支え」のこの間の質問に対し、きずなは回答をしていないのに、「すでに回答したとおりです」と何度も問題をはぐらかして来ました。その不誠実な態度を2012年4月6日団体交渉で質したところ、樽井直樹弁護士は「すでに回答したというのは間違いであるので、文書で撤回します」と約束しました。

 しかし、またしても、「・・・・と回答した次第です」と頓珍漢な回答が返ってきた為、ユニオン「支え」は再びまともな回答を要求したところ、きずなは、「我々だけで協議させてほしい」と交渉を中断させたあげく、「本部執行委員会に諮ってから回答する」と言ってきました。

 団体交渉には、きずなの代理人だと自称する樽井直樹弁護士が参加しています。樽井氏は、「自分はきずなから委任を受け、代理人契約を結んでいる」(2008年11月8日発言)と言うように、きずなの代理権限を持つ責任者として団体交渉に臨んでいるはずです。(委任契約書を見せると約束しましたが、いまだ見せていません)しかし、肝心な局面では、「本部執行委員会に諮るのは当然でしょう」「石川委員長に携帯電話したが出なかった」などと発言し、きずな代理人としての職責を務めているとは到底思われない対応をします。

 民法で定める代理人は、本人の意思表示を伝達する単なる「代わり」ではありません。代理人がおこなう法律行為は、本人に効力が発生します。
 きずなと同等の権限を委任されているはずの代理人樽井直樹氏は、団体交渉に責任を持って臨むよう要求します。
 そして、次回7月11日団体交渉には、開始前に「代理委任契約書」を提示するよう要求します。続きを読む
posted by 支える会 at 14:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 愛知地域労組きずなニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。