2008年01月07日

愛知地域労働組合きずな裁判<専従書記長を名乗る大竹信彦さんの陳述書>

 昨年2007年の世相は「偽」。
偽装、偽造が日本列島を覆いました。労働界でも偽装請負や二重派遣が今年も働く人々を苦しめています。

「愛知地域労働組合きずな」=労働者を助けるはずのこの地域労組も、やはり「偽」の労働組合でした。

ばれなければいいという浅ましさで、自組合ときずな共済会の決算書を偽造し裁判所に出す、多額の保険料水増し払いや消えた97万円は知らぬ存ぜぬで虚偽決算を隠蔽し、挙句に疑惑を一般の組合員になすりつける醜さ。

 専従書記長を名乗る人物はうその陳述書を書きつらね、組織の暗部があぶり出されても、いまだ裁判総括も謝罪もない「愛知地域労働組合きずな」役員執行部。
 不正やゆがみを正して、この労働組合執行部の「偽」を「真」に変えるため、本年もご支援ご協力をどうぞお願いいたします。


 きずな陳述書
 愛知地域労働組合きずな裁判では、組合専従・書記長を名乗る大竹信彦さんから陳述書が出されましたが、その内容が、@作り話やでっち上げなど虚偽に満ちたものであること、A裁判とは無関係な方々のプライベートな内容記載がある、などの理由でインターネット配信は控えてきました。
 しかし、被告「愛知地域労働組合きずな」執行部が、どのような虚偽を書きつらねていたかを検証し、どのようにして「きずな」職員の不当解雇が企てられたのか、事件再発防止のためにはどうするべきか確認したい、との電話やメールを多数いただいています。
 そこで、被告大竹信彦さんの陳述書、そのあとに原告合田氏の反論陳述書を並べて掲載することにしました。原告合田氏の反論陳述書の真実性は、この三ヶ月後に被告「きずな」が合田氏の要求を全て認める=認諾を行ったことで、きっぱりと証明され、愛知地域労働組合きずな執行部は裁判に完全敗訴しました。


ごらん下さい。→きずな大竹陳述書.pdf

<ご注意>
 大竹信彦さん陳述書には相当数のまちがいがあります。
1. 表紙右上の「乙21号証」は「乙24号証」のまちがいです。
2. P14下部に意味不明の星マーク(★)が出ています。
3. P5 タイトル番号がだぶっています。
4. 文中に意味不明の語句が散見されます。例)P13 下から6行目の「上記の三点」等。続きを読む
posted by 支える会 at 14:35 | Comment(8) | TrackBack(0) | 裁判ニュース

2006年11月15日

2006年11月14日「合田さんを支える会」を開きました

皆さん、こんなことが許されるのですか?
愛知地域労働組合きずな一部幹部は、合田享子さんとの争いを執拗に陰湿なやり方で今だに続けています!

 愛労連の役員の皆さん、愛労連傘下の労働組合の皆さん、民主団体の皆さん、そして愛知地域労組きずなの皆さん。

 愛知地域労組「きずな」は裁判で合田享子さんの訴えをすべて認める認諾を行うことで、合田さんに対する解雇を無条件白紙撤回しました。この裁判については、皆様に、いろいろと誤解をもたれる一面もありましたが、合田さんには、その方法以外に、きずなによる違法不当な解雇の強行に対しまして、とれる手立てがなかったことをぜひともご理解ください。
 ただ、皆様に心配とご迷惑をおかけし、地域労組きずな自身を傷つけたのは、きずなでこの事態を引き起こし、強引な手法をとって裁判を終結まで維持した一部役員の責任です。裁判の結果は、そのことをはっきりさせたと思います。
 合田さんは6月に復職しました。
 当然、裁判所に「きずな」の側が認諾したかぎりは、原職復帰として、もとの仕事を、元気に気持ちよくできるもの、と信じて。
 地域労組きずなが、まともな、ひとりの労働者の解雇も許さない、働く者を大切にする、そういう愛労連傘下のほかの労働組合の皆さんと一緒になったものだ、と思って。
 ところが、6月下旬の復職後の合田さんに対する「きずな」の対応は、反省にもとづいた、まともな誠実なものではありませんでした。合田さんの労働環境は原状復帰がなされないままにずるずると引きのばされ、とても安心して働ける状態ではありません。続きを読む
posted by 支える会 at 12:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 裁判ニュース

2006年05月19日

きずな裁判「感謝とご報告」2006年5月19日

 勤務先の労働組合から理由もなく解雇されるという、前代未聞の事件から約2年、提訴から約1年半を経て、きずな裁判は被告・愛知地域労組「きずな」の「認諾」により私の完全勝利で終わりました。続きを読む
posted by 支える会 at 16:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 裁判ニュース

2005年09月30日

9月30日の裁判で和解協議開始が決定しました

9月30日の裁判では、多くの方の傍聴して頂きました。ありがとうございます!
弁護団に新しく加わって下さった若松・北村両弁護士も出廷され、和解協議開始が決定しました。続きを読む
posted by 支える会 at 17:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 裁判ニュース

2005年08月31日

弁護団を次の7名に拡充しました!

「きずな」の事態を憂慮される弁護士さんが増加しています。この地方の主な法律家団体を代表し、主な労働弁護士の所属する法律事務所から、 労働事件などの経験が豊富な先生方が、新たに加わって下さいました。強力な弁護団体勢の下、「きずな」幹部の不当性を糾弾し、 裁判勝利に向けて進んでいきます。どうぞよろしくお願いします。続きを読む
posted by 支える会 at 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 裁判ニュース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。