2008年10月02日

愛知地域労働組合「きずな」への警告

労働組合ともあろうものが、別組合から団体交渉の要求をされています。 市民の皆様、お笑いになるかも知れませんが、これは冗談でも漫画でもありません。名古屋にある「愛知地域労働組合きずな」で、実際に発生していることであります。
 
 「愛知地域労働組合きずな」に警告します。<恣意的な団交引き延ばしは不当労働行為の可能性があります。
「愛知地域労働組合きずな」は9/17付FAXで、ユニオン「支え」の団交申入れを、日程が合わないという理由で拒否してきました。
 その上で、「きずな」側の都合の良い日程を連絡すると通知しておきながら、
 ↓ ↓ ↓ ↓
IMG_0704.JPG

  態度を変え、「きずな」側弁護士が合田さん個人に電話を入れ、予備的に話しを聞いた後で、「話し合い」の場を設定すると通知してきました。
 ↓ ↓ ↓ ↓
IMG_0703.JPG

 団交申入れに対し、弁護士が個人的に話しを聞いてから、というのは無為な団交引き延ばしとなり、労働組合法に定める不当労働行為にあたる可能性があることを「愛知地域労働組合きずな」に警告するとともに、ユニオン「支え」からの団交申入れに誠実に応じるよう要求しておきます。
続きを読む
posted by 支える会 at 13:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 行事日程など

2008年09月10日

「合田さんを支える会」からの協議申入れをまたもや拒絶した愛知地域労働組合きずな

に対し、ユニオン「支え」が憲法と労働組合法に保障された労働権のもとに団体交渉を要求します。


             団体交渉申入書

名古屋市熱田区沢下町9-3
労働会館本館307号
愛知地域労働組合きずな
執行委員長  石川 悟殿
副執行委員長 加藤健二殿                2008年9月10日
                                 ユニオン「支え」
                       
                           
 貴組織は「合田さんを支える会」からの直接協議申入れを拒否しました。そのため、直接協議を実現すべく、憲法・労働組合法で保障された労働組合、ユニオン「支え」をやむなく結成し、合田さんが加入したことをお伝えします。  
「きずな裁判」の原告合田さんは、貴団体が合田さんの請求を認諾したことにより、勝訴し職場に復帰しました。しかし、合田さんは従前の仕事を与えられず、様々な嫌がらせのため休職を余儀なくされました。現在、合田さんは復職を強く希望しています。
ユニオン「支え」は、合田さんの正常な職場復帰を実現するため、以下の点について、貴組織に団体交渉を申入れます。

1. 合田さんの従前の仕事を保障すること
2. パソコンにキィロックをかける、きずな共済会ロッカーの鍵を隠す、組合員加入申請書等、合田さんが管理し取り扱っていた重要書類を隠す、などの嫌がらせを中止すること
3. 職場復帰にあたって、事務所常駐の大竹信彦さんによるセクハラ・暴言・嫌がらせを防止する措置を講じる等、職場環境を整えること
4. その他、職員合田さんに関する一切の事項

交渉の日程について、9月24日、または9月26日、いずれも午後7時から貴組織の事務所(名古屋市熱田区沢下町9-3 労働会館本館307号室)で行なうように要求します。都合の良い日程を9月17日までに当ユニオンまでFAXでお知らせください。

                               以  上 

続きを読む
posted by 支える会 at 14:12 | Comment(7) | TrackBack(0) | 行事日程など

2008年08月29日

愛知地域労働組合「きずな」へ〜あなた方が、労働組合として生きている組織であるならば、協議申入れに応じるのか応じないのか、まず返事をして下さい。

愛知地域労働組合きずな
執行委員長  石川 悟殿
副執行委員長 加藤健二殿
                          2008年8月29日
                         「合田さんを支える会」
                          名古屋市中区大須4-13-46
                          ウィストリアビル5F
                         名古屋共同法律事務所気付

協議申入れの確認

2008年8月18日付で貴組合に対し、協議申入書を送付しました。配達記録で、貴組合が受領したことは確認されています。8月28日までに書面での返事をお願いしておりましたが、残念ながら、返事がありません。
要請した協議の日時は9月2日または9月8日、いずれも午後7時から、ということでしたが、9月8日午後7時あるいは他の都合の良い日時を9月2日までに当会にFAXにてお知らせください。場所は貴組合事務所で行なうよう要請します。 
                                    以 上


 ><><><><><><><><><><

 またまた返事がない、相変わらずダンマリの愛知地域労働組合「きずな」です。
 横領や使い込み疑惑があるというのに、組合員からの臨時監査要求に、するともしないとも返事がなし
 今回が二度目の「合田さんを支える会」からの協議申入れにも、するともしないとも返事がなし
 「きずな裁判」(書記不当解雇裁判)の総括や反省もないままで、時の経過と人々の忘却をもくろんでいると思われても仕方がなし

 「組合員からはもちろん、組合外の方からの質問や疑問には、必ず誠実に答えなければならない。それが出来なければ、労働組合として存在意義はない」
「きずな」の前専従河井孝徳氏は、ことあるごとに、このように言っていました。(きずな元組合員・合田さんを支える会会員さんのコメント)

 しかし、現在の愛知地域労働組合「きずな」には、このような立派な理念のかけらもありません。一体いつから、愛知地域労働組合きずなは
変質してしまったのでしょうか?????
 コメントは以下のように続いています。
 「たったひとりの専従のために、ここまで変質してしまうのか」 

 愛知地域労働組合きずなの実態は、今、非正規雇用を強いられている労働者を守るために、懸命になって活動されている多くの労働組合への信頼をそこなじるものとなっております。
 「愛知地域労働組合きずな改革」が求められています。


続きを読む
posted by 支える会 at 13:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 行事日程など

2008年08月18日

貝のように沈黙を続ける「愛知地域労働組合きずな」、、、私たちは、この労組に対し「対話のできる労働組合」に変革するよう求めます

愛知地域労働組合きずな
執行委員長 石川 悟殿
                          2008年8月18日
                      「合田さんを支える会」
                        名古屋市中区大須4-13-46
                      ウィストリアビル5F
                      名古屋共同法律事務所気付
                      Fax 0587-32-0583

             協議申入書

「きずな裁判」の原告合田さんは、貴組合が合田さんの請求を認諾したことにより、職場に復帰しました。しかし、合田さんは従前の仕事を与えられず、様々な嫌がらせのため休職を余儀なくされました。現在、合田さんは職場復帰を強く希望しています。
 私たち「合田さんを支える会」は、合田さんの正常な職場復帰を実現するため、以下の点について、貴組合に協議を申し入れます。

1. 合田さんの従前の仕事を保障すること
2. コンピューターにキィロックをかける、きずな共済会ロッカーの鍵をかくすなどの嫌がらせを中止すること
3. 合田さんの職場復帰にあたっては、職場環境を整えるなどの配慮をすること
4. その他、職員合田さんに関する一切の事項

協議の日時について、こちらは2008年9月2日、または8日、いずれも午後7時より、貴組合事務所で行なうよう要請します。ご都合のよい日を2008年8月28日までに当会にお知らせください。返事は書面にてお知らせください。ご返事がない場合は9月8日午後7時に貴組合事務所で行ないます。
                                  以 上

続きを読む
posted by 支える会 at 15:15 | Comment(3) | TrackBack(0) | 行事日程など

2007年05月03日

「合田さんを支える会」は愛知地域労働組合きずなに対し、協議交渉を申し入れましたが、、、

 「合田さんを支える会」は愛知地域労働組合きずなに対し、幾度も話し合いを申し入れましたが、「きずな」は全く返事をせず、協議のテーブルにつくことを拒否し続けています。
 「きずな」の、労組としての問題解決能力のなさと民主的労組の看板を掲げながらの不誠実な態度に非難の声が増大しています。
 
 ☆労働組合は憲法・労働組合法によって交渉権が保障されており、会社使用者側(労組きずな)はその申入れを拒否することはできず、要求に対し、不誠実な回答、態度を繰り返す行為は禁止されています。 

禁止行為
@ 組合員にたいして脱退をせまるなどの行為。
A 組合、組合員に対して誹謗、中傷する行為。
B 団体交渉(労使の話し合い)に応じない行為。
C 要求に対し、不誠実な回答、態度を繰り返す行為。
D 組合の要求を無視して組合員個人との交渉を強いる行為。
E 未加入者に対して、加入しないように働きかける行為。
F その他組合員であることをもって不利益扱いする行為等。
                       
続きを読む
posted by 支える会 at 20:42 | Comment(2) | TrackBack(1) | 行事日程など

2007年01月07日

「合田さんを支える会」は愛知地域労組きずなに対し要求を申し入れます

                        2007年1月7日
愛知地域労働組合きずな
執行委員長 石川 悟殿
                     「合田さんを支える会」
                     名古屋市中区大須4-13-46
                     ウィストリアビル5F
                     名古屋共同法律事務所気付
                      FAX 0587-32-0583

     要求書および協議申入書

 貴組合の職員である合田享子さんは、貴組合による地位確認裁判認諾により、貴組合事務所である職場に戻りました。ところが、合田さんの受けた処遇は、仕事の提供を含め、原状復帰の状態では全くなく、正常な復職がいまだ実現されていません。

要求事項

 貴組合は合田さんに対して、従来の仕事内容や労働慣行、職場環境等を提供することが、裁判を認諾したことの当然の帰結であり、使用者として、労働者に心身共に安全な職場を維持提供する配慮の義務があります。たたかう労働組合として奮闘しているはずの貴組合が、合田さんに対してその理念と正反対の行為をし続けている状況にあることの問題点につき、私たちは強く懸念を持って訴え、改善を強く要求するものです。
 「合田さんを支える会」は貴組合に対し、上記要求を提出し、協議をつくして問題の是正をはかり、正常化と全面解決をおこなうよう申し入れ、本書面をもって通知します。

協議申し入れ

 2007年1月22日または24日、いずれも午後7時より貴組合事務所で開催していただくようお願いします。どちらか、ご都合の良い日を2007年1月10日までに当会にFAXでお知らせください。
 なお、ご返事がない場合には、1月22日とします。

                            以上 続きを読む
posted by 支える会 at 13:48 | Comment(5) | TrackBack(3) | 行事日程など

2006年10月01日

合田さんを支える会は総会を開き「声明文」を採択しました


『声明文』

                    2006年9月15日
                   「合田さんを支える会」総会

 「愛知地域労働組合きずな」は2004年4月、パート職員合田享子さんを解雇しました。合田さんは「きずな」と話し合いによる解決を目指しましたが、合意に達せず、同年10月名古屋地方裁判所に地位確認と賃金支払いを求めて提訴しました。
 この訴訟では、@合田さんの地位は労働契約であったのか、準委任契約であったのか、A「解雇」の理由となった財政状況の悪化はあったのかどうか等が争点になりました。
 
 2006年4月18日、「きずな」は原告合田さんの請求を認諾し裁判が終了しました。その結果、「きずな」は原告合田さんの地位について、準委任契約であるという主張を事実上撤回し、労働契約であったことを認め、この間の未払い賃金を支払うことになったのです。また、この裁判の提訴を理由に行われた「組合員権利停止処分」も撤回されました。

 私達は、「きずな」が労働組合の存在の意義を考え、労働組合が職員を解雇することは自らの存在意義の否定につながることに気づき、合田さんの請求を「認諾」したと思い、この決断を評価しました。
 しかし、合田さんが6月22日をもって復職して以後の「きずな」一部幹部の言動は「認諾」して裁判を終わらせたとは思えない不当なものです。

 例えば、コンピューターにキーロックをして、合田さんにコンピューターを一切さわらせようとせず、従来の業務をさせないなど仕事を取り上げています。それだけではなく従来は認めてきたFAXによる有給休暇の取得を慣行に反して欠勤扱いにしたり休憩時間の取得について従来の慣行を無視した対応をするなど様々な嫌がらせを続けています。

 このような「きずな」の一部幹部による言動は、合田さんの訴えを「認諾」した態度にも反するものです。このような「きずな」の一部幹部の言動は、私たちに、解雇事件で敗訴した企業が、復職後の労働者に嫌がらせを行って退職に追い込もうとする行動を思い起こさせます。同じことを労働者の権利擁護を任務とする労働組合が行うことは、労働組合としての存在価値を自ら損なうものです。

 合田さんは、復職後は労働組合の書記として、従来業務は勿論、新たな職務を覚え、組合に貢献したいと、共済事務等をさせてくれるように申し出ていました。ところが、新たな業務どころか従前の業務すら取り上げられるという事態が続いているのです。仕事を取り上げられ、嫌がらせを受けながら勤務を続けている労働者の苦しい思いを想像して下さい。労働者から仕事を取り上げることは人格権を侵害するという多くの判例があります。

 私たちは「きずな」が合田さんに対する嫌がらせを止め、合田さんを従来どおりの業務につかせること、更に合田さんが申し出ている共済事務などの仕事につけるよう求めます。
 また、私たちは「きずな」が結成の理念であったパート・臨時などの非正規雇用労働者の雇用と権利を守ることが増々重要となっている今日の状況を認識し、労働組合の本来のあり方に立ち帰ることを求めます。

 そのため、@定期大会で一言もふれなかった「きずな」裁判について A自らの規約に違反して強行された合田さんの「組合員権利停止処分」について Bこの裁判の過程で明らかになった会計処理上の不備について、の総括を行い、組合の内外に報告することを求めます。

 私たちは、「きずな」に本来の理念を取り戻してほしいと切実に願っています。過去の誤りを認め、その原因を自ら明らかにし、誤りを正すことを通じてこそ、「きずな」が内外の信頼を取り戻し、非正規労働者の雇用と権利を守る闘いの中心となることができるのだと信じます。
                            以上

続きを読む
posted by 支える会 at 16:57 | Comment(11) | TrackBack(0) | 行事日程など

2006年07月21日

復職を果たした合田さんに嫌がらせが続いています

 愛知地域労組きずな幹部は、きずな裁判で合田さんの訴えをすべて認め(= 認諾)、解雇を撤回し復職に同意したのにもかかわらず、出勤した合田さんに従来の仕事を与えず、郵便物の無断開封を禁じるなど企業顔負けの嫌がらせをしています。「きずな」の認諾は、証人尋問を逃げるためのうそだったのでしょうか。続きを読む
posted by 支える会 at 14:26 | Comment(8) | TrackBack(0) | 行事日程など

2006年06月18日

合田さんの復職が決定しました!

 きずな裁判完全勝利を受けて、合田さんの復職について協議が行われていましたが、6月22日に復職をすることが決定しました!続きを読む
posted by 支える会 at 15:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事日程など

2006年01月23日

「合田さんを支える会」総会のお知らせ

 2月18日(土)13:00〜
 名古屋中央教会1F ホール
 地下鉄栄D出口すぐ続きを読む
posted by 支える会 at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事日程など

2005年12月05日

「合田さんを支える会」が開催されました。

 12月3日、名古屋市内で「合田さんを支える会」が開かれました。用意していた椅子が足りないほど、多くの支援者の方々に集まっていただき、厚くお礼申し上げます。

 続きを読む
posted by 支える会 at 12:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 行事日程など
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。